TOP > 競輪 > 伊東温泉F2(最終日)レポート

競輪

2020/06/14

Perfecta編集部

伊東温泉F2(最終日)レポート

伊東温泉F2(最終日)レポート

2020年6月14日
伊東温泉F2(最終日)競輪ルーキーシリーズ2020

【11R=L級ガールズ決勝】

1/永塚祐子(L1・神奈川118期)
2/青木美保(L1・埼玉118期)
3/杉浦菜留(L1・愛知118期)
4/近澤諒香(L1・三重118期)
5/下条未悠(L1・富山118期)
6/永禮美瑠(L1・愛知118期)
7/増田夕華(L1・岐阜118期)

スタートで4・近澤が出て、誘導員を追うと1・永塚は2番手を選択。
隊列は4・1・7・3・2・5・6で周回を重ねていく。

残り2周で2・青木が上昇開始、その動きに6・永禮が続く。

青木が3番手外まで上がったところで打鐘を迎える。

最終HSで永塚が近澤を叩いて、一気に主導権を握る。

最終BSは永塚が先頭で通過。
2番手は内から近澤が取り切り、増田が3番手から永塚を追う。

直線で近澤も差し迫るが、永塚がそのまま逃げ切って優勝。
2着に近澤、内コースから伸びた3・杉浦が増田をゴール前で捕え3着に入線した。

優勝/永塚祐子(L1・神奈川118期)
前回の広島も3日目まで気持ちが弱くて、良いレースができませんでした。
だから今日は絶対に仕掛けていこうと、思っていました。
後ろに増田さんがいるのは確認していた。
そのまま引き連れたら差されるかもと思いましたが、そこは強気に逃げ切ろうと。
踏み出しは良くなかったですが、各コーナーでフォームも気にしながら踏めました。
7月からが本番。
練習で脚の感じは良くなってきていますが、今回も課題が見つかった。
師匠(石井毅)と相談して、デビュー戦を迎えたいです。
まずはシッカリ戦える脚をつけたいですね。

12

ページの先頭へ

メニューを開く