TOP > 競輪 > 和歌山G1(3日目)ピックアップ

競輪

2020/06/20

Perfecta編集部

和歌山G1(3日目)ピックアップ

和歌山G1(3日目)ピックアップ

【11R=S級・東準決勝】


1着/新田祐大(SS・福島90期)
まず今日のレースは櫻井君の熱い気持ちを感じることができた。
4番手と5番手を固めてくれた和田君と佐々木さんのことも考えながら走っていました。
北日本の結束力を見せることができましたね、それが凄く嬉しいです。
決勝は自力勝負、慎太郎さんとワンツーを決められるように頑張ります。


2着/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
結果を出さないといけない、プレッシャーのあるレースでしたね。
北日本の5車結束は賛否両論あったかも知れないけど、ベストの選択だったから。
櫻井が良い仕事をしてくれて、新田も良いタイミングでスパート、佐々木と和田もキッチリ仕事をした。
自分の脚的には少し足らない感じはあるが、新田君のダッシュに離れないように。

***************

【12R=S級・西準決勝】


1着/脇本雄太(SS・福井94期)
初手はどこでも良いと思っていました。
ナショナルチームの河端さんを意識して、仕掛けが少し遅くなってしまった。
何としても高松宮記念杯は欲しいタイトルです。
一昨年が準優勝、昨年も準優勝。
疲れが心配なところですけど、気を引き締めて、自力で優勝を狙います。


2着/稲川翔(S2・大阪90期)
前日の白虎賞では脇本君から離れてしまったので、連日、同じ失敗はできへんと。
あのスピードは抜けない、離れんで良かったです(笑)。
稲垣さんにお願いして、決勝は自分が脇本君の番手を回らせて貰うことに。
自分が唯一、獲っているタイトルが宮杯(2014年・宇都宮)で、その時も脇本君の番手でした。

***************

決勝戦の並びは
新田ー佐藤・脇本ー稲川ー稲垣・松浦ー和田・平原ー芦澤の四分戦となる。

【最終日12R=S級決勝】

1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
2/脇本雄太(SS・福井94期)
3/松浦悠士(SS・広島98期)
4/稲川翔(S2・大阪90期)
5/平原康多(SS・埼玉87期)
6/芦澤辰弘(S1・茨城95期)
7/新田祐大(SS・福島90期)
8/稲垣裕之(S1・京都86期)
9/和田健太郎(S1・千葉87期)

12

ページの先頭へ

メニューを開く