TOP > 競輪 > 向日町G3(最終日)レポート

競輪

2017/09/03

Perfecta編集部

向日町G3(最終日)レポート

向日町G3(最終日)レポート

2017年9月3日
向日町G3平安賞(最終日)

【9R=S級ブロックセブン】

1/栗山俊介(奈良103期)
2/萩原孝之(静岡80期)
3/横山尚則(茨城100期)
4/白井一機(愛知65期)
5/田中誠(福岡89期)
6/保科千春(宮城100期)
7/小川真太郎(徳島107期)

初手は32・75・14・6の並びで、青板周回まで落ち着いてレースは動く。

赤板から中団の栗山が動きを見せる。
外から徐々に上昇して、内の小川にフタをする形。
そして、打鐘前で一気に栗山が頭に出る。
第2センター過ぎ、栗山の後ろで横山と白井がもつれ合い。
最終第2コーナーから小川が捲り。
小川の後ろには萩原がピッタリ追走。
最後の直線、内で競り合う栗山と横山を尻目に、外から小川と萩原が突っ込んで行く。
ゴールライン手前、萩原が差し切って1着となった。

1着/萩原孝之(静岡80期)
横山君、凄い気合いが入っていましたね。(横山選手の番手)
前走者(横山と白井)がバランスを崩したりしていたので、少し恐かったですね。
横山君が脚を使ってくれたので、自分は残っていたと思います。
ブロックセブンは普段のレース(9車立て)よりも難しい印象。

12

ページの先頭へ

メニューを開く