TOP > 競輪 > 小松島G3(3日目)ピックアップ

競輪

2020/07/04

Perfecta編集部

小松島G3(3日目)ピックアップ

小松島G3(3日目)ピックアップ

2020年7月4日
小松島G3(3日目)開設70周年記念 阿波おどり杯争覇戦

【7R=S級準決勝】


1着/河端朋之(S1・岡山95期)
黒田君が前を取ってくれたので、1度、引いてからタイミングを見ようとは思っていた。
島川君も波を作っていたし、原田君も車間を切っていたので、少し翻弄(ほんろう)されてしまったかな。
やっぱり、1着は気持ちが良いですね。
初日も逃げて、レースをシッカリ作れたし、自分の力は出せている。
自力でやらせて貰います。


2着/島川将貴(S1・徳島109期)
中川さん、河端さんのどちらかは倒したかった。
河端さんに捲られてしまったけど、目標になったし、スイッチしたことで気持ちも入りましたね。
地元で記念初優出という実感はない、一戦、一戦が決勝に繋がっただけ。
脚力的なものも含めて、番手は苦手なんで(苦笑)。
ラインの中から優勝者を出すという確率が高くなるので、自分が徳島勢の前を走ります。


3着/原田研太朗(S1・徳島98期)*2着権利だが、ポイントで優出となる
作戦もタイミングも悪くなかったんですけどね。
決勝はオグさんから「3人で決めろ」って、中間管理職はツライですよ(笑)。
4車ならば並ぶべきだと、僕は思います。
5車やったら、また、話しは別でしょうけど。
自分は納得の3番手で、地元ラインの中から優勝を出す。

***************

【8R=S級準決勝】


1着/清水裕友(SS・山口105期)
太田君が前だろうと、予想通りでしたね。
最終2コーナーで坂本さんから良い(牽制)のを貰ったことで出切るのに時間が掛かってしまった。
でも、あそこは意地でいきましたよ。
日に、日に良くなっているし、今日のレースは集中できていた。
7車立てでも自分のやることは変わらない、ちゃんと競輪ができている。
中国勢でまとまりたいので、自分は河端さんの後ろです。


2着/太田竜馬(S1・徳島109期)
引きつけてからいきたかったんですけど、清水さんが一気にいっちゃいましたね。
それに自分はついていっただけ、後ろに先輩2人を連れていたのに。
そこはホンマに申し訳なかったです。
3着かなと、思っていたので、どうにか勝ち上がれたことは良かった。
連覇に関しては気にしていないけど、3走した感じは良いですよ。
島川さんが強いんで、人生初の番手回りです。
でも、練習では島川さんに何千回もつけているので、脚並は分かっている。

***************

【9R=S級準決勝】


1着/松浦悠士(SS・広島98期)
想定の範囲内でしたね、あとは自分がいけるかどうかだけ。
後ろに小倉さんもついてくれていたし、ここは賢人とどっちが強いのか?という力勝負でしたし。
踏んだ感じも凄く良くて、賢人もシッカリ越えられた。
明日は河端さんが「自力でやりだい」だし、裕友も「まとまりたい」と。
自分は3番手を固める、スンナリ決まりましたよ。
徳島スターズも強いんで、超タテのスピード戦になるかも知れませんね。


2着/小倉竜二(S1・徳島77期)
松浦がすぐに飛びついて、休むところがなかった。
途中、絡まれたりもあったし、ホンマにキツかったの一言。
凌いだろうという気持ちだけやった、もう今日のレースで脚は残ってへんよ(苦笑)。
決勝は徳島の若いのに任せますよ、4番手で。

***************

【最終日9R=S級決勝】

1/島川将貴(S1・徳島109期)
2/清水裕友(SS・山口105期)
3/原田研太朗(S1・徳島98期)
4/河端朋之(S1・岡山95期)
5/小倉竜二(S1・徳島77期)
6/太田竜馬(S1・徳島109期)
7/松浦悠士(SS・広島98期)

決勝は島川ー太田ー原田ー小倉・河端ー清水ー松浦の二分戦に!

ページの先頭へ

メニューを開く