TOP > 競輪 > 弥彦G3(最終日)レポート

競輪

2020/07/21

Perfecta編集部

弥彦G3(最終日)レポート

弥彦G3(最終日)レポート

2020年7月21日
弥彦G3(最終日)開設70周年記念 ふるさとカップ

【9R=S級決勝】

1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
2/平原康多(SS・埼玉87期)
3/郡司浩平(SS・神奈川99期)
4/渡邉一成(S1・福島88期)
5/鈴木裕(S1・千葉92期)
6/小松崎大地(S1・福島99期)
7/諸橋愛(S1・新潟79期)

1番車を活かして、佐藤が前を取る。
並びは461・27・35で整う。
福島3車・関東2車・南関2車の三分戦で周回を重ねていった。

青板2センターから徐々に上昇していったのが後ろ攻めの郡司。
赤板突入で郡司が福島3車を抑え、平原も南関2車の後ろへ。

並びは35・27・461に入れ替わるが、打鐘前の2コーナーから渡邉が踏み込む。
渡邉が関東2車を叩いたところで打鐘。

渡邉が郡司の後ろを取りにいく勢いも、そこは鈴木を入れさせる形に。

最終HS、平原が鈴木と渡邉の間に割って入り、福島3車ラインは分断。

そして、最終2コーナー、平原が内を突き、そのまま捲っていく。

最終BS、平原と追走の諸橋が南関2車に迫る。

平原が最終4コーナー手前で出切る。
後方では諸橋と鈴木が激しいコンタクト。
小松崎も外から猛追。

弥彦バンクの伸びる直線ではあったが、平原が押し切って1着でゴール。
2着に地元記念4連覇を狙った諸橋、3着は猛追及ばずの小松崎。

12

ページの先頭へ

メニューを開く