TOP > 競輪 > 名古屋G1・F2(4日目)ピックアップ

競輪

2020/08/15

Perfecta編集部

名古屋G1・F2(4日目)ピックアップ

名古屋G1・F2(4日目)ピックアップ

2020年8月15日
名古屋G1(4日目)オールスター競輪

【9R=L級ガールズケイリンコレクション2020名古屋ステージ・ガールズドリームレース】*F2

1/児玉碧衣(L1・福岡108期)ファン投票1位
2/高木真備(L1・東京106期)ファン投票2位
3/石井寛子(L1・東京104期)ファン投票3位
4/小林優香(L1・福岡106期)ファン投票4位
5/石井貴子(L1・千葉106期)ファン投票5位
6/太田りゆ(L1・埼玉112期)ファン投票7位
7/長澤彩(L1・愛知106期)ファン投票8位

戦前に「大胆に攻撃していきたい」と、宣言していた太田がスタートで前に出る。
隊列はスンナリ整い、6・4・2・1・5・3・7で周回を重ねていく。

2番手の小林が車間を切るが、並びは変わらない一本棒のまま打鐘。

4コーナーから4番手の児玉がカマシ、最終HSを通過。

1センターで太田をかわし、児玉が主導権。

最終BS、初手と同様に石井が児玉を追走し、さらに長澤も続く。
その3車が出切っての直線勝負。

最後は石井が追い込んで1着ゴール。
2着に児玉が逃げ残り、3着は石井マークの長澤となった。

石井は昨夏のガールズケイリンコレクション2019別府ステージ以来、通算5回目のビッグレース制覇。

優勝/石井貴子(L1・千葉106期)
ファン投票のオールスターで勝てたことは本当に嬉しいです。
新型コロナウイルスの影響で無観客開催にはなってしまいましたけど。
投票して下さったファンの方々に優勝という報告ができて良かった。
車番が微妙だったんで、少し遅らせて内に下りたら、碧衣ちゃんの背中が目の前にあった。
位置取りが難しくなるかなとも思っていたので、そこは恵まれましたね。
4月末にここ(名古屋)へお邪魔させていただき、色々な方のご協力で練習させていただきました。
最後の直線はその時の練習風景を思い出しながら。
碧衣ちゃんを抜くタイミングをシッカリ取りましたね。
立川(昨年末のガールズグランプリ2019)からビッグレースで2着が続いていたんですけど。
大敗している訳ではないという気持ちもありました。
年末のガールズグランプリに一歩、近づいたかも知れませんけど。
まだまだ油断はできないし、車番を良くするためにも今後も大事に戦っていきたい。
伊東(共同通信社杯)のコレクションまで連戦ですし、もっと脚力もつけられるように練習します。

123

ページの先頭へ

メニューを開く