TOP > 競輪 > 熊本G3 in 久留米(最終日)レポート

競輪

2020/10/04

Perfecta編集部

熊本G3 in 久留米(最終日)レポート

熊本G3 in 久留米(最終日)レポート

2020年10月4日
熊本G3 in 久留米(最終日)開設70周年記念 火の国杯争奪戦

*画像データをPCへ取り込む際にデータクラッシュ。
リカバリーソフトで大半は復旧できたものの、一部消失のため、写真は通常時より少ないです。
どうか御理解と御了承の程を。

【12R=S級決勝】
1/中本匠栄(S1・熊本97期)
2/郡司浩平(SS・神奈川99期)
3/清水裕友(SS・山口105期)
4/山口泰生(S2・岐阜89期)
5/東龍之介(S1・神奈川96期)
6/佐藤雅春(S2・宮城94期)
7/三谷竜生(S1・奈良101期)
8/松本貴治(S1・愛媛111期)
9/松川高大(S1・熊本94期)

号砲からスタート牽制もなく、スンナリ並びは整う。
74・38・91・25・6の細切れ戦。

まずは青板3コーナー過ぎ、7番手の位置から郡司が前へ。
赤坂HSからは地元の熊本の松川ー中本の2車も仕掛けていく。

郡司は熊本2車を前へ出させるが、次は清水が叩いていく。

清水ー松本の2車が出切ったところで打鐘。

最終HSは清水の主導権。
だが、三谷も一気にペースを上げてのロング捲り。

清水も粘り、三谷との壮絶なもがき合いで最終BSを通過。
郡司も大外から追い上げる。

1度は三谷が出切ったが、その上から郡司が乗り越えていく。

そして、郡司が捲り切り、1着でゴール。
2着は最終HSから自在に動いた中本、3着は清水マークの松本となった。
郡司は先月の岐阜記念以来、通算10回目のG3制覇。

優勝/郡司浩平(SS・神奈川99期)
スタート牽制が全くなかったのは想定外。
まぁ、後ろ攻めでも良いかなと、1度、切ってから考えようと。
最終HSくらいでチャンスはあるとは思っていたけど、少し見過ぎてしまいましたね。
タイミングが遅れてしまい、三谷さんに巧くスイッチできなかった。
それで龍之介が追走できなかったのかも知れませんね。
BSからは大外を踏むつもりでした。
三谷さんは出切るまでに脚を使っていたけど、自分は脚が溜まっていたので。
前検日は少し身体が重たかったけど、日に、日に状態は良くなった。
今年は記念優勝の数も多いし、ここからもっと上を目指していきたい。
賞金ランキングは微差なので、本当に気にしていませんよ。
とにかくもっと上、G1を獲れるように積み重ねていくだけです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く