TOP > 競輪 > 西武園F2(最終日)レポート

競輪

2020/10/11

Perfecta編集部

西武園F2(最終日)レポート

西武園F2(最終日)レポート

2020年10月11日 西武園F2(最終日)

【11R=L級ガールズ決勝】

1/太田りゆ(L1・埼玉112期)
2/鈴木美教(L1・静岡112期)
3/高木真備(L1・東京106期)
4/坂口楓華(L1・京都112期)
5/尾崎睦(L1・神奈川108期)
6/佐藤水菜(L1・神奈川114期)
7/細田愛未(L1・埼玉108期)

号砲から隊列はスンナリ整い、太田が正攻法の前受け。
1・3・2・6・7・5・4の並びで周回を重ねていく。

赤坂突入と共に、最後方の坂口が前へ。
その動きに尾崎が乗る。

戦前から「積極的に前々」と、語って尾崎が2コーナーからペースを上げる。
尾崎が前に出たところで打鐘。

打鐘後の3コーナー、7番手から佐藤が一気に加速。

佐藤が2番手以降を大きく引き離して、最終HSを通過。

最終BS、佐藤が大逃げ。
しかし、3番手から高木が捲りを放ち、尾崎も続く。

3コーナーから高木が大きく開いていた佐藤との差を詰めていき、4コーナー手前で佐藤を乗り越えた

そして、そのまま高木が押し切って、1着ゴール。
2着に尾崎、3着は2センターから内へのコースを見つけた鈴木となった。

優勝/高木真備(L1・東京106期)
西武園はなかなか優勝できないでいたバンクだったんですけど、3月に優勝してから得意なバンクになりました。
今年はサマーナイト(いわき平・ガールズケイリンフェスティバル)で優勝したのが大きな自信になった。
競輪祭(ガールズグランプリトライアルレース)を前に、このメンバーで勝てたので良かったです。
でも、今日のレースでも課題は見つかったので、そこを詰めていきたい。
優勝の副賞(牛肉)はお肉パーティーをしたいですね(笑)。

***************

10R=A級チャレンジ決勝を制したのは渡邉雅也(A3・静岡117期)だ。
単騎の戦いとなったが、同期で地元Vを狙った太田龍希の番手を奪い、最後は見事に差し切った。

優勝/渡邉雅也(A3・静岡117期)
決勝は同期が4人いたし、そこで勝てたので本当に嬉しいです。
今開催は1日目に情けないレースをしてしまい、お客さんにも迷惑を掛けてしまった。
ゼロから師匠(実父=渡邉晴智)にシッカリ稽古をつけて貰います。
早くA級1・2班戦でシッカリ戦えるように、とにかく気合で練習していきます。

ページの先頭へ

メニューを開く