TOP > 競輪 > 防府G3(3日目)ピックアップ

競輪

2020/11/02

Perfecta編集部

防府G3(3日目)ピックアップ

防府G3(3日目)ピックアップ

2020年11月2日
防府G3(3日目)開設71周年記念 周防国府杯争奪戦

【10R=S級準決勝】


1着/山田英明(S1・佐賀89期)
どんな展開になるか分からなかったので、前を取ってから考えようと。
誰もこなければ腹を括って、自分で駆けるつもりだった。
島川君がきて、スンナリ3番手に入れたのが良かった。
ラインで決められたら、もっと良かったんですけどね。


2着/小倉竜二(S1・徳島77期)
島川がシッカリ先行してくれた、自分は後ろの状況がよく分かっていなかった。
ヒデ(山田英明)が1人だけやったんで、島川と一緒に入れるかもとは思ったけど。
坂井君がホンマに凄いスピードできた。
決勝に乗れるんで、最低限と言うか、悪くはないんちゃいますかね。


3着/坂井洋(S2・栃木115期)
ちょっと前が遠かったんですけど、どうにかという感じでした。
自分だけで、岡村さんを連れ込めなかった。
記念の決勝は初めて、明日も出し切るだけです。

***************

【11R=S級準決勝】


1着/宮本隼輔(S1・山口113期)
3連勝はデキ過ぎかなと。
脚ですか?それはもう疲れていますよ(苦笑)。
今日は想定していた組み立てでした。
別線がどうとかではなく、打鐘からと、自分の中では思っていたんで。


2着/和田健太郎(S1・千葉87期)
ここまで自分の調子ウンヌンではなく、前の選手の頑張りのおかげです。
今日は郡司君が受けて立つ形になってしまった。
3コーナーではいけると思ったんですけど、柏野さんが松岡さんを張ったので。
もう1回、待つかの判断、あそこは反省している最中……郡司君と2人で乗りたかった。


3着/柏野智典(S2・岡山88期)
今日は珍しく作戦会議が長かったけど、意見が一致したんです。
ワンツーできるパターンだったはず、和田君を僕が見えていなかっただけ。
それにしても隼輔は仕上がっていますね。

***************

【12R=S級準決勝】


1着/桑原大志(S1・山口80期)
清水は志の高い子だから年末(グランプリ)も見据えているんでしょうね。
山口の明るい未来が見えてきた、それに必死でしがみついていくだけ。
明るい未来……何だか政治家みたいな言い方になっちゃったかな(笑)。
決勝に関しては清水と宮本に任せますよ。
僕が前とか言い始めたら、長い話し合いになりますけど(笑)。


2着/清水裕友(SS・山口105期)
決勝に乗らないと優勝(地元記念2連覇中)できないんで、今日はメチャクチャ緊張しました。
あの距離を踏んでの先行は想定外でしたけど、先行すれば後ろが仕事をしてくれるという信頼感。
もう脚の状態ウンヌンじゃなくて、気持ちだけですね。
今日の走り(先行)で決勝に乗れたことが大きい、決勝に乗らないことには3連覇の権利もないんで。


3着/市橋司優人(S2・福岡103期)
記念の準決勝が初めてなんで、もちろん、決勝も初めてです。
挑戦者でしかないんで、逆に今日は気楽に走れました。
脚を溜めてからの一発だと思っていたし、外併走でも前々の気持ちだった。
バンクも軽くて、流れる感じでした。

***************

【最終日・12R=S級決勝】

1/清水裕友(SS・山口105期)
2/和田健太郎(S1・千葉87期)
3/山田英明(S1・佐賀89期)
4/坂井洋(S2・栃木115期)
5/桑原大志(S1・山口80期)
6/市橋司優人(S2・福岡103期)
7/柏野智典(S2・岡山88期)
8/宮本隼輔(S1・山口113期)
9/小倉竜二(S1・徳島77期)

決勝の並びは
宮本ー清水ー桑原ー柏野・坂井ー和田・市橋ー山田・小倉となる。

12

ページの先頭へ

メニューを開く