TOP > 競輪 > 四日市G3(3日目)ピックアップ

競輪

2020/11/07

Perfecta編集部

四日市G3(3日目)ピックアップ

四日市G3(3日目)ピックアップ

2020年11月7日
四日市G3(3日目)開設69周年記念 泗水杯争奪戦

【10R=S級準決勝】


佐藤は44歳のバースデー勝利、観客から数多くの祝福の声が飛んだ!


1着/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
誕生日の勝利は素直に嬉しい。
年齢は取っているけど、若い頃と同じように練習ができているので、気にならない。
平原の気持ちが嬉しかった、本当に良い男だね、俺も惚れちゃうよ。
競輪界を背負っている平原に気を遣って貰って、男冥利に尽きる。
俺も半端なことはできないし、さらに気を引き締めていかないと。
平原を差せているんだから状態が悪い訳はない。
決勝は埼玉の並びが逆だったら、松浦も考えたけど、埼玉2車の後ろへ。


2着/平原康多(SS・埼玉87期)
連日、後ろから慎太郎さんの圧が凄かった。
慎太郎さんもこれでグランプリはもう圏内でしょうから、もう一緒に走るのは勘弁ですね(苦笑)。
雨で粘ったと言うよりはペース、山田君がもっとガーンだったら、中団に下げていた。
捌いて番手捲りという判断ですね。
明日は練習仲間の宿口君へ。


3着/稲垣裕之(S1・京都86期)
平原君の動きは想定していたので、巧いこと3番手に切り替えられた。
単騎だったけど、何とか凌げましたね。
この決勝進出は嬉しいです。
決勝も単騎になるけど、自力勝負で。
近畿以外では三重の伊藤稔真君に1回、つけたことがあるけど、そこはこだわりを持って。

***************

【11R=S級準決勝】


1着/宿口陽一(S1・埼玉91期)
山岸君がレースを作ってくれた、山岸君の頑張りがあったからですね。
1着まで届くとは思っていなかったんですけど。
前橋(寛仁親王牌)は苦労したが、今開催は余裕があるし、感じ良く踏めている。
自分から志願して、平原さんの前で自力勝負。


2着/志智俊夫(S1・岐阜70期)
地元の皿屋君のおかげ、展開でしょう。
決勝に乗れるのはその他の後輩たちの頑張りもある。
自分の状態も悪くない。
決勝は地元コンビの後ろ、3番手を固めます。


3着/松浦悠士(SS・広島98期)
自分がいきたいタイミングで簗田君に当てられた。
危ない展開でしたね、どうにか凌げました。
今年は準決勝ははとんど1着、和歌山記念で哲男さんに抜かれたくらいじゃないですか。
決勝は単騎、自力勝負です。

***************

【12R=S級準決勝】


1着/浅井康太(S1・三重90期)
南君の先行は1日目、2日目よりはカカリ切っていない感じでしたね。
それで谷口も捲りにいけたと思うんですけど、北津留君が後ろからくるなと。
坂口君とワンツーの一番人気にも応えないといけないし、優先して踏ませて貰いました。
いつもは焦って、ガムシャラに踏んでしまうけど、今日は巧く回せた。
賞金(グランプリ圏内)は本当に気にしていませんよ、貯金は気にしていますけど(笑)。


2着/坂口晃輔(S1・三重95期)
自分は前についていっただけ、浅井さんの後輪に集中していました。
谷口君の頑張りと浅井さんの判断力で決勝に乗れる。
ケガ明けで決勝に乗れて、一安心です。
状態は悪くないんですけど、良い時よりは少し物足りなさも。
それでも、決勝は浅井さんの後ろでシッカリ仕事します。


3着/北津留翼(S1・福岡90期)
流れ込むことしかできんかったですね。
捲り追い込みになってしまったので、成松君には本当に申し訳なかった。
決勝へ勝ち上がれたのは良かったんですけど。
自分の現状の力で周りを連れ込めなかった、だから単騎ですよね。

***************

【最終日12R=S級決勝】

1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
2/浅井康太(S1・三重90期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/稲垣裕之(S1・京都86期)
5/坂口晃輔(S1・三重95期)
6/志智俊夫(S1・岐阜70期)
7/松浦悠士(SS・広島98期)
8/宿口陽一(S1・埼玉91期)
9/北津留翼(S1・福岡90期)

決勝の並びは
宿口ー平原ー佐藤・浅井ー坂口ー志智・稲垣・松浦・北津留の細切れ戦となる。

ページの先頭へ

メニューを開く