TOP > 競輪 > 岐阜G3(最終日)レポート

競輪

2017/09/10

Perfecta編集部

岐阜G3(最終日)レポート

岐阜G3(最終日)レポート

2017年9月10日
岐阜G3長良川鵜飼カップ(最終日)

【9R=S級ケイリンエボリューション】

1/長尾拳太(岐阜24歳)
2/脇本雄太(福井94期)
3/齋藤登志信(宮城44歳)
4/海老根恵太(千葉86期)
5/ブフリ(外国)
6/大崎飛雄馬(愛媛39歳)
7/雨谷一樹(栃木96期)

7521364の整然とした並びで赤板周回。

打鐘で3番手の脇本が前に出る。
その動きを牽制しながらブフリは脇本の後ろに。
やや遅いペースで最終周回を迎え、脇本が車間を切っていく。

2571364の一本棒状態で最終BS、ブフリが徐々に脇本に詰め寄る。
そして、第4コーナーで脇本を捉え、直線で差し切ってゴールラインを駆け抜けた。

1着/ブフリ(外国)
今日は本当に難しいレースだった。
ワキモトは少し戦法がマッチしなかっただけ。
ワタシにはマッチしたというレース。
ワキモトの後ろに付いていたけれども、ワタシより後ろの動きも気にしていたので早くは動けなかった。
これは国際レース、ワタシの本職だから負ける訳にはいかなかった。
だから、とてもハッピーだ。
ドーモアリガトウゴザイマス!ガンバリマシタ!

12

ページの先頭へ

メニューを開く