TOP > 競輪 > 平塚G3(最終日)レポート

競輪

2017/10/31

Perfecta編集部

平塚G3(最終日)レポート

平塚G3(最終日)レポート

2017年10月31日
平塚G3湘南ダービー(最終日)

【12R=S級決勝戦】

1/郡司浩平(神奈川99期)
2/三谷竜生(奈良101期)
3/坂口晃輔(三重(95期)
4/笠松信幸(愛知84期)
5/稲川翔(大阪90期)
6/新山将史(青森98期)
7/稲垣裕之(京都86期)
8/柴崎淳(三重91期)
9/阿竹智史(徳島90期)

834・1・9・275・6の細切れ戦。
赤板周回に入り、三谷が6番手から上昇して、全体もペースアップの気配。

しかし、第1コーナーに差し掛かるところで、郡司の前輪と稲垣の後輪が接触して落車。
横にいた坂口、後続の阿竹と新山も巻き添えに。

残り4選手、並びは25・84、近畿2車・中部2車となって打鐘を迎える。

そのままの並びで最終BSからラスト半周。
第4コーナー外から脚を貯めていた柴崎が伸びて直線勝負。
稲川のブロックを受けるが、巧みにかわして柴崎が1着でゴール。
5選手が落車という大波乱の決勝戦を制した。

優勝/柴崎淳(三重91期)
アクシデント(5選手落車)はあったんですけれども、落ち着いて最後まで走れた。
三谷君も引っ張って、引っ張って駆けるつもりやったと思う。
でも、あまりこっちが遅いと(仕掛け)抜けない、良いタイミングやったと思います。
豊橋F1(10月11日〜13日)で優勝してから良い流れできていた。
今日もチャンスがあればものにしてやろうと。
ダービーの落車(京王閣・5月)からようやくストレスなく自転車に乗れるように。
選手権(四日市G1・2018年2月開催)は意識していた。
自分が選手であるうちに地元でG1は最初で最後かも知れないし。
それに自分が出たいっていうところで、今回の優勝は大きいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く