TOP > 競輪 > 日本競輪学校第3回記録会レポート

競輪

2017/12/08

Perfecta編集部

日本競輪学校第3回記録会レポート

日本競輪学校第3回記録会レポート

12月8日(金)
日本競輪学校/113回生(男子)・114回生(女子)第3回記録会

今回は最終日のみの取材になってしまったものの、どうにか修善寺まで足を運ぶことができた。
過去2回の記録会取材で、生徒の顔と名前も数多く一致するように。
また、個々が逞しく成長していることも実感。
卒業記念レースも楽しみであるし、その後、競輪選手として活躍する姿にも期待している。
今回の記録会における各種目の一番時計は下記の通りになる。

【113回生】

200mFD=橋本瑠偉(佐賀22歳)10秒98 

400mFD=黒沢征治(埼玉25歳)22秒68 
1,000mTT=黒沢征治(埼玉25歳)1分06秒76 
3,000mTT=黒沢征治(埼玉25歳)3分51秒88 


[3種目で1位の黒沢征治生徒]
400m、1,000m、3,000mで自己ベストが出たのは滝澤校長、教官の指導のおかげ。
そして、師匠の細沼さん(健治・埼玉89期)の指導があったからこそ出せたと思っています。
野球(投手・社会人野球Honda出身)をやっていたので、競技用の自転車というものは乗ったことがなかった。
でも、野球では瞬発系のトレーニングには自信があったから、まずは自転車に慣れることからだと。
自転車漬けの生活は体力的にはキツイですけど、それ以上に楽しむこともできています。
そして、競輪選手としてデビューしてからが本当の勝負。
野球の即戦力じゃないですけど、年齢的にもノンビリはできませんから。
師匠の細沼さんは越さないといけない。
自分と同じ適正出身の滝澤校長はグランドスラムを達成しているので、追い越したいという目標があります。

12

ページの先頭へ

メニューを開く