TOP > 競輪 > 平塚競輪場メインスタンド竣工式

競輪

2017/06/11

Perfecta編集部

平塚競輪場メインスタンド竣工式

平塚競輪場メインスタンド竣工式

老朽化で改修されていた平塚競輪場のメインスタンドと第1コーナー棟が完成。6月15日から2年ぶりにオープンする。10日には衆議院議員・河野太郎氏、JKAや市議会のトップなども出席して、竣工式が盛大に行われた。

年末には6年ぶりに平塚競輪場でグランプリが行われることもあり、メインスタンド(4階建て)は収容人数6,000人、1階には大型ビジョンも設置されている。この広くて、綺麗なメインスタンドにたくさんの競輪ファンが集まるだろう。また、第1コーナー棟は津波災害時に備えて、周辺住民が高さ15mの屋上に避難出来るようにも設計されている。


チャリロト・プラザも平塚競輪場正門横で1年365日オープン。
元々、平塚競輪場はチャリロト(重勝式・最大12億円のチャンス)がスタートした地であり、過去最高9億円も的中している。
チャリロトも含めて、ドカントや通常車券も購入可。
チャリロト・プラザ会員(約3分の簡単登録)になれば、その日からスマホでも購入することが出来るので、お忙しい方にも便利なサービスでオススメだ。

[平塚競輪場オープン後の予定]
◆平成29年6月15日(木)~18日(日)
G1高松宮記念杯(岸和田)場外

◆平成29年6月19日(月)~21日(水)
F1ジャパンカップ(平塚)

ページの先頭へ

メニューを開く