TOP > 競輪 > 伊東温泉G3(最終日)レポート

競輪

2017/12/10

Perfecta編集部

伊東温泉G3(最終日)レポート

伊東温泉G3(最終日)レポート

【9R=S級企画ブロックセブン】

1/澤田義和(兵庫69期)
2/江守昇(千葉73期)
3/才迫開(広島101期)
4/北野良栄(愛知95期)
5/藤田竜治(青森68期)
6/中村良二(福岡81期)
7/杉森輝大(茨城103期)

41・725・36の並びで残り2周回、杉森が外からジワジワ前へ。
これによって北野と澤田は内に包まれるような形になる。
そして、戦前から公言していたように、後手を嫌った才迫が豪快なかまし。

36の後ろに車間が少し空いて725・41となって打鐘。
最終周回、中団をキープした杉森は前後の動きを余裕を持ちながら探る。

大逃げを打つ才迫を第2コーナー近辺で徐々に差を詰め、BS前には完全に射程圏内。
そして、第4コーナーでラインで捲り切って、ラインで1〜3着を独占した。


1着/杉森輝大(茨城103期)
期待に応えられて良かったですね。
取れた位置からと思っていたが、中団が取れたので文句なし。
みんな積極的なレースをしていたので、自分らしいレースをするしかないなと。
ラスト1周で3番手は欲しかったところ、あとは捲って1着を狙うだけでした。
今年はG1とかにも出たんですけど、結果が伴わなくて苦しかった。
だけど、後半から調子が上がってきたので、来年につなげたいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く