TOP > 競輪 > 大垣G3(最終日)レポート

競輪

2017/06/11

Perfecta編集部

大垣G3(最終日)レポート

大垣G3(最終日)レポート

大垣G3熊本被災地支援・第5回国際トラック支援最終日

今日は9R=エボリューション(1ページ目)と12R=決勝(2ページ目)です。


☆9R=エボリューション(国際競技ルール)
前日に「早いアタックを見て欲しい」と、語っていた注目の4番車・バベク。
しかし、ラスト1周で後位(6番手)から1回、出かかったものの様子見の感。
結局、最終BS付近からの追い上げで、ゴールラインで惜しくも1番車・永井に届かずに2着に終わった。

 


2着=トマシュ・バベク(外国短期登録)
「2ヶ月間、レースをしていない。今日の結果は真摯(しんし)に受け止めて、徐々にステップアップして行くと思う」

 


1着=永井清史(岐阜88期)
「地元でしたし、外国人(バベク)に勝ちたいという強い気持ちでやっていた。最終第4コーナーで勝てると思ったけれども、最後は競り合いになりましたね。競輪でもファンのみなさんの車券に応えられるように頑張ります」

12

ページの先頭へ

メニューを開く