TOP > 競輪 > 広島G3(最終日)レポート

競輪

2017/12/24

Perfecta編集部

広島G3(最終日)レポート

広島G3(最終日)レポート

2017年12月24日
広島G3(最終日)ひろしまピースカップ

【12R=S級決勝戦】

1/河端朋之(岡山95期)
2/吉澤純平(茨城101期)
3/稲垣裕之(京都86期)
4/北野武史(石川78期)
5/池田良(広島91期)
6/川崎健次(神奈川88期)
7/原田研太朗(徳島98期)
8/萩原孝之(静岡80期)
9/村上博幸(京都86期)

並びは中四国715・関東286・近畿394の三分戦。
戦前からの宣言通り、まずは赤板周回で中団から吉澤が動く。

しかし、中四国ラインもすかさず打鐘前から飛び出して主導権を奪った。
後団からは稲垣を先頭にした近畿ラインもジワジワと差を詰める。

最終第1センター、河端がスパート。
ここで稲垣が力尽きたが、番手の村上は目標を中四国に切り替えた。
村上の後ろを固めた北野も粘り強く追走。
最後の直線勝負、内から河端・北野・池田・村上が横一線。
ゴールライン手前、池田がトリッキーな動きを見せたが、村上が差し切った。

村上は11月の大垣G3に続き、今年2回目の記念優勝。
池田の動きは審議対象になったものの、失格にはならずに2着。
しぶとく内に飛び込んだ北野が3着となった。

1着/村上博幸(京都86期)
最後、1着かどうか分からんかったですね。
ここ数年はまともに走れてなかった。
でも、今年は後半からポンポン獲れているのは素直に嬉しい。
山田(久徳/京都93期)の佐世保記念の優勝は凄く刺激になった。
ズーッと、一緒にやってきたからね。
自分はこれまで競輪と真剣に向き合ってきたけど、改めて真剣に向き合おうと。
取り組む姿勢は変えんと、まだまだ色々な意味でいい選手になりたいですね。

12

ページの先頭へ

メニューを開く