TOP > 競輪 > 広島G3(最終日)レポート

競輪

2017/12/24

Perfecta編集部

広島G3(最終日)レポート

広島G3(最終日)レポート

【9R=レインボーカップA級ファイナル】

1/山本直(岡山101期)
2/福田知也(神奈川88期)
3/大野悟郎(大分83期)
4/松田大(富山98期)
5/市橋司優人(福岡103期)
6/谷田泰平(岐阜93期)
7/東矢昇太(熊本98期)
8/宗崎世連(高知100期)
9/山口泰生(岐阜89期)

細切れ戦、12・53・7・469・8でレースは進む。

赤板周回に入るタイミングで松田が動くが、それを察知した市橋が先に前へ出る。
打鐘を迎えて、松田が一気に踏み込み、山本も後団から巻き返す。

最終周回、第1コーナーで山本が捲り切り、福田もシッカリ追走。
BSから東矢も上がってくるが、第3コーナーで福田のブロックに外へ弾かれた。
そこで山口が空いた内を突く。
最後の直線、脚を溜めていた福田が伸びて1着。

2着に山口、3着には山本が残った。
1〜3着は12月25日付で、S級2班へ特別昇級。

1着/福田知也(神奈川88期)
内だけしゃくられないように。
3コーナーで登らせて、4コーナーから直線が勝負だと思ってた。
まぁ、僕も余裕はありました。
11月は少し成績が悪かったんですけど、このレースへの調整は上手くいった。
いい緊張感の中で走れましたね。
S級に復帰しても活躍できるように頑張ります。


2着/山口泰生(岐阜89期)


3着/山本直(岡山101期)

12

ページの先頭へ

メニューを開く