TOP > 競輪 > 和歌山G3(最終日)レポート

競輪

2018/01/14

Perfecta編集部

和歌山G3(最終日)レポート

和歌山G3(最終日)レポート

2018年1月14日
和歌山G3(最終日)和歌山グランプリ

【12R=S級決勝】
1/村上義弘(S1・京都73期)
2/武田豊樹(SS・茨城88期)
3/原田研太朗(S1・徳島98期)
4/東口善朋(S1・和歌山85期)
5/郡司浩平(S1・神奈川99期)
6/南潤(S2・和歌山111期)
7/菊地圭尚(S1・北海道89期)
8/横山尚則(S1・茨城100期)
9/三谷竜生(SS・奈良101期)

近畿は地元・和歌山にもチャンスがあるようにと[三谷・村上]と[南・東口]の別線に。

青板第2コーナー、後団から単騎の郡司がスルリと前へ出て、5番手あたりをキープする。

これによって和歌山勢は内に閉じ込められるような形に。
赤板に入っても中団を郡司と南が取り合う。
その様子を伺いながら、横山が少しずつスピードを上げて打鐘を迎えた。

82・91の後ろで郡司、菊地と和歌山勢が競り合い、最後尾に原田の並び。
南は郡司にフタをされ、先行できない。

最終周回、茨城コンビが飛び出した。
やや車間が空いて、三谷と村上が続き、第1センターでようやく南と東口が郡司をかわす。
BSでは別線となった近畿勢の捲り合いに。
第3コーナー、武田が三谷を外へブロックした際に後続の南が落車。
この流れで空いた内に東口が突っ込んで、第4コーナーでは完全に抜け出た。
村上、菊地も最後の直線で猛追も、東口が見事に押し切る。


東口は地元の記念競輪5回目の出場。
悲願の記念競輪初Vを手中にして右拳を強く握り締め、歓喜の涙を流した。
(*和歌山記念の地元選手Vは35年ぶり)

優勝/東口善朋(S1・和歌山85期)
内が空いたのは狙っていた。
何が何だか訳は分からなかったですけど、無我夢中でゴールラインまで走りました。
これまで何度も悔しい思いをしてきた。
ズーッと、目標だった記念競輪での優勝。
初めての記念競輪優勝が地元で、本当に嬉しいです。
これに満足しないで、より高い景色を見られるように頑張りたい。

12

ページの先頭へ

メニューを開く