TOP > 競輪 > 松阪G3(最終日)レポート

競輪

2018/01/28

Perfecta編集部

松阪G3(最終日)レポート

松阪G3(最終日)レポート

2018年1月28日
松阪G3(最終日)蒲生氏郷杯王座競輪

【12R=S級決勝】

1/坂口晃輔(S1・三重95期)
2/山中秀将(S1・千葉95期)
3/村上義弘(S1・京都73期)
4/根田空史(S1・千葉94期)
5/稲川翔(S1・大阪90期)
6/高橋和也(S1・愛知91期)
7/小倉竜二(S1・徳島77期)
8/早坂秀悟(S1・宮城90期)
9/岡村潤(S1・静岡86期)

87・61・35・35・249の並びで赤板周回を迎える。
HSでまず村上が動いて近畿勢が前へ、これを南関勢もすぐに追う。

第1センターで山中が先行態勢に入り、249・35・61・87で打鐘。
そして、ライン毎に車間がやや空いてラスト1周。

南関ラインは戦前の筋書き通りのように、山中がグイグイ引っ張る。
第2コーナーで後方を警戒しながら根田が満を持して番手捲り。
3番手の岡村もシッカリ根田を追走、近畿勢も食らいついて最終BSを通過。

第4コーナー、内から外に空いたスペースを稲川が見逃さなかった。

最後の直線で岡村が伸び、稲川も負けじと鋭い差し脚を見せる。

ゴールライン手前で稲川が突っ込んで1着、2016年4月の川崎以来の記念Vを飾る。
2着には岡村、3着は根田がしぶとく残った。

優勝/稲川翔(S1・大阪90期)
落車明け(岸和田F1)で万全じゃなかったけど、少しでも怯んだら優勝はできないと。
村上さんが必ず仕掛けてくれるから、自分もシッカリ判断を。
やることをやろうと思って走って、村上さんとの連携で勝てたのが嬉しい。
最後の直線は無我夢中でした。
地元の岸和田は不完全燃焼だったけど、今回は思い切ったレースができたと思う。

12

ページの先頭へ

メニューを開く