TOP > 競輪 > 高松G3(最終日)レポート

競輪

2018/02/04

Perfecta編集部

高松G3(最終日)レポート

高松G3(最終日)レポート

2018年2月4日
高松G3(最終日)玉藻杯争覇戦

【12R=S級決勝】

1/三谷竜生(SS・奈良101期)
2/香川雄介(S1・香川76期)
3/諸橋愛(SS・新潟79期)
4/山田久徳(S1・京都93期)
5/大槻寛徳(S1・宮城85期)
6/池田憲昭(S1・香川90期)
7/南修二(S1・大阪88期)
8/松浦悠士(S1・広島98期)
9/佐藤慎太郎(S1・福島78期)

並びは落ち着かず。
近畿ライン147の外を95の北日本ラインが並走。

その後ろを3・826で赤板周回を迎えて、後団から松浦が地元の香川、池田を率いて上昇する。
三谷を頭にした近畿ラインは引く形に。

中四国ラインを単騎の諸橋が追い、826・3・95・147で打鐘。

本来は自在型の松浦がガムシャラに先行して最終周回へ。

123

ページの先頭へ

メニューを開く