TOP > 競輪

取手G3水戸黄門賞(最終日)レポート

競輪

2017/06/06

取手G3水戸黄門賞(最終日)レポート

2017/06/06 取手競輪場 取手G3水戸黄門賞 [12R=決勝] 車券の人気は地元・茨城の7・武田豊樹と1・吉澤純平から。 そこに和歌山F2全プロ記念で優勝した古性優作が絡む。 レースは赤板周回から5・新山響平が飛…続きを読む

取手G3水戸黄門賞・前検レポート

競輪

2017/06/02

取手G3水戸黄門賞・前検レポート

2017/06/02 取手競輪場 6月3日から開幕の取手G3記念レース。 ごく一部ではありますけれども。 前検での選手の声と表情をピックアップしてみました。   武田豊樹(S級S班/茨城88期) 高松宮杯(岸和…続きを読む

KEIRIN vs 競輪 2017年短期登録選手(男子)

競輪

2017/06/01

KEIRIN vs 競輪 2017年短期登録選手(男子)

昨年8月にリオデジャネイロ五輪が閉幕して、アスリート達の視線は次なる戦いの舞台、3年後の東京五輪に向いている。2020年の東京五輪の自転車トラック競技の会場は静岡県伊豆市の修善寺ベロドロームに決定した。3年後ここに世界の…続きを読む

ヤマコウの次男が競輪学校入学!

競輪

2017/05/31

ヤマコウの次男が競輪学校入学!

競輪界には多い二世選手 5月10日に静岡県伊豆市で行われた日本競輪学校の入学式第113回生の名簿に「岐阜県・山口拳也」の名前があった。 山口幸二(62期/現・競輪解説者)の次男が113回生として競輪学校に入学するのだ。 …続きを読む

競輪ドキュメント第1回/石井貴子(千葉106期)

競輪

2017/05/31

競輪ドキュメント第1回/石井貴子(千葉106期)

“淡々”と進化へのプロセス デビューから間もない1年余の2015年9月20日、本拠である松戸競輪場でのガールズコレクションを制した。まだ競輪の世界の右も左も分からない、夢見心地の中で成し遂げた快挙。 「周りも喜んでいるし…続きを読む

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.1

競輪

2017/05/31

“帝王”山田裕仁の競輪哲学 Vol.1

今年の3月で現役選手引退して丸3年が経ちました。 現役時代の3年に比べると、と~っても無駄な時間の使い方をしてきた3年間だったような気がすると猛省しています。 それでも、スポーツニッポンの新聞記事で競輪の予想コーナーを担…続きを読む

1 49 50 51 52 53 54 55 56

ページの先頭へ

メニューを開く