TOP > 自転車ライフ > 益田の星の食材と観光地を巡るサイクリングツアー(前編)

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2019/11/18

Perfecta編集部

益田の星の食材と観光地を巡るサイクリングツアー(前編)

益田の星の食材と観光地を巡るサイクリングツアー(前編)

【今年行われたサイクルイベントをご紹介します!】

島根県益田市「益田の星の食材と観光地を巡るサイクリングツアー」が3月30日、31日に開催された。これは一般社団法人・自転車協会が東日本大震災の復興支援事業として立ち上げたCycle Aid Japanというプロジェクトの一環であり、自転車活用に意欲的な益田市との共催で、多くの著名人も招待されたツアーである。

益田市は萩・石見空港をスタートして、100㎞も信号機がないまま市内を一周できる「100ZERO」と名付けられた環境を売りにしている。空港にはサイクルステーションが設置され、市内にもご縁サイクルステーションを設けるなど、サイクリストが快適に走るための環境整備を進められている。

出発式にはジャージ姿の山本市長も参加

空港到着後、一同はサイクルステーションでCycle Aid Japanジャージに速やかに着替え、山本市長が歓迎の挨拶をする出発式に参加。そして、さっそくバイクにまたがり、サイクリングに出発した。

バイクを走らせてほどなくすると海が見えてくる。最初の立ち寄りスポットは、海沿いのフレンチレストラン「ボンヌママンノブ」だ。ここは、豪華寝台特急「トライライトエクスプレス瑞風」の料理の監修も務める上田幸治シェフが経営する海の見えるレストラン。海を背に立つ真っ白な壁と真っ青な屋根の建物は、プロヴァンスなどヨーロッパを彷彿とさせる。空港からわずか5㎞で、別世界のような美しさだ。

海の見えるレストランで優雅にランチ

野菜たっぷりの魚のソテー

分厚い鴨のローストと新鮮な地元野菜

一同は地元の野菜を巧みに盛り込んだコースメニューを堪能した。メインとなる魚のソテーや合鴨のローストだけでなく、その下に敷かれたたっぷりの野菜も格別だ。それぞれの素材を引き出す調理と調味がほどこされており、1つ1つを味わう楽しさがある。外側がカリッと焼かれ、中はふわふわだったアツアツのパン、デザートのクリームブリュレも絶品。魚か肉どちらか一品を選ぶランチなら、これが1,620円で味わえる。毎日でも通いたいと一同が絶賛した味だった。

最後まで手を振り見送ってくれたボンヌママンノブのみなさん。このテラスからの眺望もすばらしかった

ページの先頭へ

メニューを開く