TOP > 自転車ライフ > プレイアトレ土浦・レポート

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2020/04/17

Perfecta編集部

プレイアトレ土浦・レポート

プレイアトレ土浦・レポート

昨年、茨城県のつくばや霞ヶ浦エリアに延びる『つくば霞ヶ浦りんりんロード』が、日本が世界に誇るサイクリングルートとして『ナショナルサイクルルート』の認定を受け、このエリアでの自転車を取り巻く気運が急速に高まりつつある。ルートのゲートウェイ(入口)となる土浦駅も、駅ビルを大幅に改装、サイクリストを迎え入れる環境を整え、生まれ変わった。今回は、この駅ビル『プレイアトレ土浦』と、『つくば霞ヶ浦りんりんロード』のライドレポートの2本立てで、土浦の魅力をお伝えしようと思う。
(※3月に取材)

********************

土浦がアツい! 土浦駅は東京駅から特急で最短49分。車でのアクセスも良く、長年の間、霞ヶ浦や筑波山を目指す首都圏近郊のサイクリストたちが経由する入口ではあったが、近年、この周辺エリアの進化がめざましく、多様な来訪者が遠方からもやってくるようになった。その大きなモチベーションの一つが、『自転車』をキーワードとし、『日本最大級のサイクリングリゾート』をうたう駅ビル『プレイアトレ土浦』のオープンだ。

土浦駅はホームから自転車を意識

駅直結のプレイアトレ土浦

『プレイアトレ土浦』は、2018年より低層階から順次オープンし、今年春、最大の目玉であったサイクリングホテル『星野リゾート BEB5土浦』が開業、全館グランドオープンを果たした。館内は、なんと!自転車持ち込み可。いたるところに駐輪用のサイクルラックが設置されている。館内はスタイリッシュで、もちろん、駐輪といえども、旧来の駐輪場のような雑然としたものとは全く異質。自転車が、そのおしゃれな空間を演出するアイテムとして機能し、施設全体が自転車のある上質なライフスタイルを描いてみせている。サイクリストにはもちろんだが、そうでない方でも十分楽しめ、魅力を感じられる施設になっているのだ。

プレイアトレ土浦はJR土浦駅直結。改札を出るとすぐ、STATION LOBBY への入り口が

STATION LOBBYやカフェにも自転車ラックが設置されている

ページの先頭へ

メニューを開く