TOP > 自転車ライフ > おひとりさまライド「つくば霞ヶ浦りんりんロード」レポート

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2020/05/16

Perfecta編集部

おひとりさまライド「つくば霞ヶ浦りんりんロード」レポート

おひとりさまライド「つくば霞ヶ浦りんりんロード」レポート

茨城県内に延びる全長約180km のサイクリングコース『つくば霞ヶ浦りんりんロード』。昨年、国の自転車活用推進本部が、ルートの魅力や安全な走行環境、アクセスなど、すべてを総合的に審査した上で、このルートを国が誇るサイクリングルートである『ナショナルサイクルルート』として認定した。

このルートは、おおまかに言うと、それぞれ人気の高かった2つのコースが合体したもの。桜川市のJR岩瀬駅と土浦の間の旧筑波鉄道跡に延びる約40kmは、完全に平坦でゆったりと走れるコースであり『りんりんロード』の愛称で親しまれ、ビギナーを中心に愛されてきたもの。現在は『旧筑波鉄道コース』と呼ばれるこのパートと、人気コースだった霞ヶ浦の湖岸道路一周に常陸利根川ぞいの潮来までの区間を加えた180kmが『つくば霞ヶ浦りんりんロード』を構成している。

全長180kmのつくば霞ヶ浦りんりんロード

『つくば霞ヶ浦りんりんロード』は全て一気に走っても、組み合わせても、部分的に走っても、もちろんOK。道しるべが随所に立っているし、車から自転車を守る工夫が施されているので、走行に自信のない人でも、不安なく走れるだろう。

ルートのゲートウェイ(交通機関からの入り口)となる土浦駅は『旧筑波鉄道コース』と『霞ヶ浦一周コース』をつなぐ位置にあり、レンタサイクルも豊富であるため、土浦をスタートゴールに設定するケースが多いようだ。ルート内には11のポートで貸出/返却が可能な広域レンタサイクル『RingRing広域レンタサイクル』が展開されており、これを利用すれば、手ぶらで来訪し、スタート/ゴールを自由に設定して楽しむこともできる。ルート沿いや付近には27もの駐車場が用意されており、自転車を積んで車で来訪するサイクリストのニーズにも応えている。

11のポートで貸出/返却できる「RingRing広域レンタサイクル」

せっかくの春の気持ち良い季節! 今回は、このトライしやすい環境が揃ったエリアで、レンタサイクルを使って、春を楽しむおひとりさまグルメライドをレポートしようと思う。

JR土浦駅まで常磐線を利用し、駅直結の駅ビル『プレイアトレ土浦』の中にあるサイクリング拠点『りんりんスクエア土浦』へ。1階のサイクルショップ 『ル・サイク』で予約しておいたレンタサイクルを受け取るのだ。

1階のサイクルショップ ル・サイク

アパレルなど、自転車を楽しむための品揃えも豊富

『ル・サイク』は、店舗が運営するレンタサイクルだけでなく、広域レンタサイクルの窓口にもなっている。返却場所や貸出時間、車種、料金などの条件から、自分に合ったシステムをセレクトしよう(予約方法、返却時間等は要事前確認)。『りんりんスクエア土浦』の地下階にはコインロッカーやシャワーも設置されており、手ぶらで訪れ、ライドを楽しみ、ゴール後は元通りに身繕いして帰ることができる。

りんりんスクエア土浦地下には有料の駐輪場も

シャワーも設置

借りられる車体の選択肢は豊富で、ドロップハンドルのロードバイク、一文字ハンドルのクロスバイク、車輪の小さなミニベロ、キッズ・ジュニアバイク、二人乗りのタンデム、進化系電動アシストのe-バイクがあり、さらに『ル・サイク土浦』にはマウンテンバイク(e-バイクタイプ)やシティサイクル(ママチャリとe-バイクタイプ)も選択できる。お目当ての車体がある場合は、早めの予約がオススメだ。

加えて、地下1階ではハローサイクリングのシステムを使い、クロスバイク、ミニベロ、電動アシスト自転車のレンタルを行っている。予約不要、無人で貸出・返却ができ、対応時間も朝5時から翌1時までと長い。専用アプリの使用と会員登録が必須ではあるが、気軽に借りられるメリットは大きいだろう。

筆者は、ビギナーでも乗りやすいクロスバイクを借りるつもりでいたのだが、この日、霞ヶ浦沿いが強風となる予報であることを聞き、e-バイクに変更した。パワフルかつ細やかに走りをサポートしてくれるため、スポーツ走行しながらも、アップダウンや強風など、強度が高くなる部分はアシストしてくれるので、ひたすら快適に走れるのだ。

向かい風対策として、e-バイクをセレクト!

今回借りるのは、日本の自転車老舗ブランドミヤタサイクルがプロデュースしたMIYATA CRUISE。パワフルなモーターと、フル充電で最長115kmを走れる大容量バッテリーが付いている。タイヤは28Cと太めで安定感があり、トップチューブもスローピング(傾けられている)で跨ぎやすく、身長155cmから乗ることができる。扱いやすく、乗りやすく、e-バイクの中では特にビギナーに勧められる車体と言えそうだ。バイク自体も9段変速。ミヤタサイクルが手掛けたものということもあり、車体自体の走行性能も信頼できる。

大量のレンタサイクル用自転車が並ぶル・サイク店頭。これがあっという間に出はらうという

新井店長に聞けば、新型コロナウイルスの感染拡大の中で、他者と接することなく、一人や、カップル、家族で活動でき、感染のリスク低く楽しめるということで、サイクリングの人気が急上昇し、ここのレンタサイクルの稼働は一気に増えているそうだ。倉庫にあった車体も全て店頭には出しているが、土日などは開店30分ですべての車体が出払っていくのだとか。窮屈にも感じる最近の日々の中で、自転車で自由に走る開放感や、爽快感が受けているのだろう。

ページの先頭へ

メニューを開く