TOP > 自転車ライフ > 紫外線ケアをして自転車を楽しもう!

自転車ライフ

一覧へ戻る

自転車ライフ

2020/09/24

Perfecta編集部

紫外線ケアをして自転車を楽しもう!

紫外線ケアをして自転車を楽しもう!

今年はコロナ禍の中で「3密」を避けられる自転車移動する人間が増えている。移動手段にしても、サイクリングやフィットネスを楽しむにしても、この時期の敵と言えば__まだ残る暑さと降り注ぐ紫外線だ。近年は紫外線によるダメージの大きさが分かり、肌のダメージを気にする女性だけでなく、男性も子供たちも紫外線ケアをする必要性があるという認識が広まってきている。今回の記事では自転車に乗る際の紫外線ケアについてお伝えしたい。。
※暑さ対策に関しては、熱中症対策の記事をお読み下さい。

 

紫外線は敵?味方?
紫外線とは太陽から発せられ、地上に到達する光の一種で、波長種によりA領域(波)とB領域(波)に分類される。人体は紫外線に当たることで、食物からは摂りにくいビタミンDを作り出すことができる。かつて日焼けは健康の象徴とされていたが、影響の強い紫外線を吸収していたオゾン層の破壊が進むと、人体にとって有害な紫外線が増幅してしまい、健康被害の危険が叫ばれるようになったのだ。これまで積極的に紫外線を浴びていたヨーロッパ諸国でさえも紫外線対策を行うようになっている。
もちろん、適度な紫外線は健康に結びつき、浴びた方が良いのだが、過度の紫外線を浴びると火傷と同様の炎症になったり、肌にシミやソバカスなどの美容上のダメージが出てしまったりする。それだけでなく、人体に様々なマイナスがあることが分かってきた。
スポーツで言えば日焼けは疲労を増幅させ、パフォーマンスを落としてしまう。現在は男性を含め、屋外競技のプロの選手たちも紫外線対策を行っている場合が多い。

日焼けは疲労をも引き起こす
さらに深刻なダメージもある。過度の紫外線を浴び続けてしまうと、皮膚がんなどのリスクも生まれてくる。紫外線が皮膚の細胞の遺伝子を傷つけてしまうのだ。皮膚だけでなく、目へのダメージがあることも分かってきている。角膜に過度の紫外線が当たると炎症を起こし、これが蓄積されると目の細胞を破壊、白内障などの病気にも繋がってしまう。
ちなみに夏に外遊びを楽しむ子供たちも多いと思うが、子供の皮膚は薄く、成長過程にあるがゆえに大人より紫外線のダメージも深刻になりやすいという。子供の頃から多くの紫外線を浴びる程、紫外線の悪影響は強まるという研究もあるそうだ。
長時間でなければそれ程までに神経質になる必要はないが、年齢性別に関わらず、紫外線ケアについて心得ておいた方が良いだろう。

紫外線ケアに優秀なサイクルアパレル
紫外線ケアの基本は覆うこと。機能素材の専用ウェアは汗を速やかに吸収して乾くだけでなく、紫外線をカットする素材を使っているものが増えている。サイクルアパレルでは太陽光を遮蔽(しゃへい)し、衣服内の温度の上昇を抑える素材も登場。自転車(ロードレース)はレースやトレーニングでも長距離、長時間のものが多いのだが、サイクリングや観光など楽しみのために乗る場合だと休憩や飲食を含め、屋外にいる時間が極端に長くなる。紫外線の影響も受けやすくなるために、紫外線対策アパレルやグッズのニーズが高い。気温が高い時期に全身を覆うのは辛いと思われるかも知れないが、逆に覆う方が快適になるという程に進化しているのだ。

サイクルジャージなどを着る場合、腕はアームカバーを使うか、長袖のインナーを下に着る場合が多い。長袖インナーには身頃部分がメッシュになっているなど、暑さの中でも快適に着られる工夫が施されている。休憩場所や室内で外す場合、フルに1日は着けないならば脱着可能なアームカバーがオススメだ。

コールドシェイド ロングスリーブ パールイズミ 7,500円(税抜)
5サイズ展開、両袖部分に太陽光を遮蔽して衣服内温度の上昇を抑える「コールドシェイド」を、ボディーには汗を素早く吸収してベタつかない「クールフィットドライ®」を使った夏用の日焼け防止ロングスリーブアンダー
メンズ(左)、レディース(右)

コールド シェイドアームカバー パールイズミ  4,000円(税抜)
「コールドシェイド」使用のアームカバー、4サイズ展開

確実に日焼けを防ぐにはグローブも手首までシッカリ覆うタイプが安心だ。特にロードバイクに乗るならば指先の出たハーフタイプのグローブの方がレバー操作が確実であり、スマートフォンなども使いやすく便利。しかし、露出した第一関節部分だけが日焼けしてしまうことになり、女性や男性も職業によっては問題が生じてしまうことがあるようだ。指先のみが露出するように設計されているタイプを選ぶと良いだろう。

アンバウンドグローブ パールイズミ
女性用 3色・4サイズ展開 4,500円(税抜)
指〜手首までを覆い紫外線からガードするが、操作しやすさはキープ

サイクルショーツで日焼けすると、ショーツは肌に密着し、動かないため、ショーツとソックスの線で日焼けの跡がクッキリと残り、大人としては少々違和感のある色味になってしまう。女性は特に注意したい。日差しの強い日は膝上部分を炎症に近いレベルで日焼けすることもあり、日焼けを厭わない人であっても最低限のケアはしたいところだ。夏季もフルレングスの長タイツは人気があるが、終日覆う必要まではないならば脱着可能なレッグカバーも選択肢になる。早朝や夕方の気温が低い時間帯やアップダウンコースの下り坂などは膝を冷やすことがあるので、冷え予防も兼ね、携帯するサイクリストも多い。前傾姿勢で乗る自転車は背面からの紫外線も受けるため、意外と膝の裏なども日焼けしてしまうので注意しよう。

日焼けを気にしないという人でも炎症にならないように
スタート前に日焼け止めを塗るなど、最低限のケアを!

(左)コールド シェイド タイツ パールイズミ
男性用13,800円(税抜) 男性4サイズ 展開
女性用13,000円(税抜) 女性3サイズ展開
「コールドシェイド」使用のタイツ、足首焼けまでをしっかりガードする長めの「トールサイズ」もオススメ
(右)コールド シェイド レッグカバー パールイズミ 6,500円(税抜)
男性用4サイズ、女性用3サイズ展開
「コールド シェイド」を使用した レッグカバー
裏側はメッシュで通気性確保、滑り止め付き

123

ページの先頭へ

メニューを開く