TOP > 編集長雑感 > J’s BREAK Vol.11

編集長雑感

一覧へ戻る

編集長雑感

2020/04/11

Joe Shimajiri

J’s BREAK Vol.11

J’s BREAK Vol.11

山田裕仁さんのコラムの書き出しと同じになってしまいますけれども。
いや、さらに状況は悪くなっており……コロナ、コロナ、コロナの日々。
筆者も取材申請を出していた開催がことごとく中止になってしまい、リモートワーク指示で会社にも足を運べず。
(元々、職種柄、出社は月に数える程なのですがwww)
数少ない趣味でもあるスポーツジムでのワークアウトも無理なので。
ひたすら自宅で原始的な運動をしている次第であります。

このように“STAY HOME”=『お家時間』が増えると。
競輪選手が日々、行っているようなトレーニングも採り入れたいなと、考えたりもします。
はい、競輪選手と言えば???やっぱり、一本歯の下駄でしょう!!

以下、効果についての詳細は割愛しますけれども。
一本歯の下駄で立つ、歩くことでバランス感覚を養い、普段は使わない筋肉をも使う。
要するに体幹を鍛えるにはうってつけ。
検車場にて一本歯の下駄を履いて、歩いたり、小走りしたりしている選手を見掛けるのは日常の光景とも言えます。

先日、高知G3の時は一本歯下駄の進化形を発見しました!

写真の山田諒(岐阜113期)選手です。
工場に頼んだ特注品だということで
「ソール(シューズ)の反り、その感覚を重視したいなって」

おーっ!!こういう試行錯誤、新しいアイデアを形にする選手の考え方には興味が湧きます。
ただ、レース開催中ということもあって、ジックリと、お話しを伺えなかったのは残念無念。
ちなみに山田選手は
「でも……相当、キツイ、ダメージが大きいんですよ。開催中には向かないかも知れない(苦笑)」
とも語っていたので、今後、レース開催中の検車場で見る機会はないかな!?

その他にも丸太(グリッドローラーみたいなヤツ)に平板をセット。
その上に乗る菅田壱道(宮城91期)選手も体幹トレーニングの一環かと。

また、石井貴子(千葉90期)選手のお手玉。
小埜正義(千葉)選手の写真みたいにゴムつきのボールを連続でひたすら突くのなどは。
集中力とか脳の活性化に繋がるのでしょうね。
みなさん、色々と、考えていますね!

さて、筆者は取り急ぎ、考えなしに。
今日も自宅でケトルベル&プッシュアップバーを使って。
原始的な方法によって運動不足を解消することにしますけれども(苦笑)。

*BREAK*
破壊、割れる、折れる……などの他に、
小休止(休憩)、変わり目(分岐)、夜明けという意味も持つ。

Recommend

ページの先頭へ

メニューを開く