TOP > 編集長雑感 > J’s BREAK Vol.14

編集長雑感

一覧へ戻る

編集長雑感

2020/06/06

Joe Shimajiri

J’s BREAK Vol.14

J’s BREAK Vol.14

先日、6月3日にリモート番組『がちチャリ』を配信しました。

アーカイブはこちらから!

弊社でも既に。
木三原さくらさん、佐藤龍二(神奈川94期)選手、日野未来(奈良114期)選手なども参加したオンライン観戦会は配信済み。
また、他社でもリモート番組は行われていたので。
二番煎じ、三番煎じの感は否めなかったのですが(苦笑)。
選手会にイベント申請なども出さなアカン訳ですし。
何よりも演者さんのスケジュール調整(特に選手は斡旋スケジュール)は必須。
ということで、ようやく配信までこぎつけることができたのであります。

配信に当たって、筆者の立場は何やったんやろう???
実に都合の良いPerfecta Navi編集長という肩書きは存在しますが。
別にプロデューサーでもないし、要するに“何でも屋さん”ですよね(笑)。
まぁ、配信技術に関する知識もまともにないので。
(打ち合わせこそしましたが、ここはニコ生『チャリチャン』でもお馴染みのA主さんに丸投げwww
結局、事前に選手とzoomアプリのテストを行ったり。
あとは進行台本を書いたくらいですかね。

尚、配信の中でMCの加藤慎平さんが
「台本っても、ペッラペラの紙が3枚あるだけですからね!」
って……慎平さん、4枚です。
そして、表裏プリントなので、実質8枚になります!←ここ大事

尚、筆者は以前。
関西ローカルのTVやラジオ番組で“放送作家仕事もどき”も経験しておりまして。
(豪華タレント&芸人さん出演、それなりの番組です)
この進行台本を作る作業は懐かしく、そして、非常に楽しかったです。

実際の配信において反省点や課題は多々ありましたけれども。
初回にしては及第点……いや、充分に合格点かなと、緩甘な自己採点にしておきます(笑)。

ご出演いただいた弊社スポンサードでもある
チャリレンジャー=松浦悠士(広島98期)選手、根田空史(千葉94期)選手、石井貴子(千葉106期)選手。
そして、志願のご出演であった脇本雄太(福井94期)選手。
4選手の飾らないクロストークはファンの方々にも新鮮やったのではないでしょうか?

スペシャルゲストの松村香織さん(元SKE48)も難しい入り所だったにも関わらず。
そこまでの配信の空気感を壊すことなく、巧みに流れを変えていただきました。

そして、MCの慎平さん&さくらさんの腕と力量があってこそ。
配信開始早々はやや手探り感こそありましたけれども。
強弱、硬軟をつけながらの進行。
選手の個性を思いっ切り引き出して下さり、感謝の言葉しかないです。
(そういう意味では台本は不要やったかも!?)
特に、さくらさんはトークを回しつつも、ニコ生&YouTube LIVEのコメントを拾う。
さらには尺にも気を配っていただいた次第。
その結果、極端に慌ただしくなったり、間延びしたりがありませんでした。

もちろん、A主さんが配信そのものをパキパキと、仕切って下さったことも大きかったです。

また、最後になってしまいましたが。
ご視聴いただいたファンの方々がいらっしゃったことで、配信が成立した訳であります。

この場を借りまして、みなさんに改めて心より御礼を申し上げます。

***************

まだ次回に関しては未定。
今後もやって行きますよ!以外は白紙の状態ですけれども。
ファンの方々に喜んでいただき、競輪の魅力を伝えていけたらなと。
また、オートレースの選手にもご出演していただく。
『がちオート』も配信していきたいと、考えております。
乞う、ご期待!!

*BREAK*
破壊、割れる、折れる……などの他に、
小休止(休憩)、変わり目(分岐)、夜明けという意味も持つ。

ページの先頭へ

メニューを開く