TOP > 競輪 > 久留米G3(最終日)レポート

競輪

2020/06/09

Perfecta編集部

久留米G3(最終日)レポート

久留米G3(最終日)レポート

2020年6月9日
久留米G3(最終日)開設71周年記念 第26回中野カップレース

【11R=S級決勝】

1/中川誠一郎(SS・熊本85期)
2/清水裕友(SS・山口105期)
3/阿竹智史(S1・徳島90期)
4/坂本健太郎(S1・福岡86期)
5/岩津裕介(S1・岡山87期)
6/山本直(S2・岡山101期)
7/香川雄介(S1・香川76期)
8/野田源一(S1・福岡81期)
9/松浦悠士(SS・広島98期)

スタートで岩津が飛び出し、岡山2車が前受け。
65・14・92・37・8の細切れ戦で周回を重ねていく。

赤板HS、まずは後方から阿竹ー香川の四国2車が上昇、単騎の野田もそれに乗る。

だが、前受けの山本が突っ張り、打鐘を迎える。

最終HS、8番手の位置から松浦がカマシていく。

そして、1コーナーで松浦ー清水のゴールデンコンビが出切る。

最終BSも松浦が風を切り、清水は車間を開けて、後続を引き離していく。

そして、完全に松浦と清水のマッチレース。
ゴール線間際でキッチリ清水が差し切っての1着。
2着に松浦、3着は阿竹の捲りを張りながらも自力で踏み込んだ岩津となった。

清水は年明けの立川記念以来、通算5回目のG3制覇。

優勝/清水裕友(SS・山口105期)
初日も松浦さんにつかせて貰っているので、安心感はありました。
でも、オッズも見ていたんで。
差し込めんかったらどうしよう?というプレッシャーも(笑)。
出切る時は岩津さんに持ってこられないように、ブロックされても対応できるように考えていましたね。
後ろが離れているのは分かっていましたけど、みんなスピードがありますから。
本当に最後まで気をつけながらでした。
最近、グレードレースでワンツーを決めることができていなかったので嬉しいです。
自分が前を駆けることが多い中、自分が着外っていうのが多かったんで。
まぁ、どちらかが勝つでも良いんですけど、ワンツーで決めるというのが課題だったんで。
ゴールデンコンビって、呼ばれるのはありがたいですよ。
やっぱり、自分も松浦さんも車券の対象ですからね。
2人で確定板というのが超一流って、考えていますんで。
今開催、本調子でなかったところで優勝できたのも大きいです。
高松宮記念杯競輪(和歌山G1)まで時間もないですし、急に脚力が上がる訳でもない。
まずはコンディションを整え、臨みたいですね。


ワンツーを決めて『エア握手』を交わす!?清水と松浦

ページの先頭へ

メニューを開く